WEBライター講座をユーキャンで受けてみた!感想や内容・必要なもの紹介

学び

インターネットを使って文章を書くと仕事になる時代です。

でも初心者の方は何をどうして良いか解らないですよね。

私はこれから自分のブログに記事を書いていこうと思い、自分の実力を知る為にもユーキャンでWEBライター講座を受けてみました。

興味のある方にWEBライター講座についてをお伝えしようと思います。

WEBライター講座の内容

早速、私が受けたWEBライター講座の中身を紹介します。

添削課題

第1回から第3回までの3回です。

それぞれにお題が出されていて、1は簡単で、徐々にレベルが上がっていきます。

文字数も指定されていて、回を追うごとに増えていきます。

添削課題の提出は、質問するからですが、やり方が解りやすく書いてあるので安心です。

提出後何日かすると、登録のメールアドレスに連絡がきます。

サイト内では「質問・回答履歴/ユーキャンからの連絡」という項目の受信トレイを見ればいつでも確認が出来るので便利です。

今回の私の課題では、注意されたのは次の3点です。

  • 語尾で「~ました」が続いたとき→バリエーションをふやす事
  • 指定の文字数を大幅に超えた時→指定文字数内にする
  • 名詞を並べた時→「・」を使ってリスト式にする
  • 英数字に半角と全角が混ざっていた時→統一する

内容はネット上からの情報を元に自分の言葉で書けば、全く問題有りませんでした。

もっとたくさんアドバイスがもらえると思っていたので、少しガッカリでした。

学習メニュー

ユーキャンのWEB講座の学習メニューの内容を簡単にご紹介します。

講義動画

講義動画が私の時には全18回ありました。

一括で配布されているので、自分のペースで視聴できますし、解らないところは繰り返し聞くことが出来ました。

動画の内容はWebライターの心構えやライティングテクニックなどは、初心者でも解りやすいかと思いました。

しかし、SEOなどの専門的な難しい内容も含まれていて、こちらは初心者では難しいかもです。

動画数の多い「人に読まれる文章の書き方」は参考になりました。

最後は実際にWebライターとして始める人向けの動画になっていました。

私は自分で記事を書くために受けたので、こちらはざっと見ただけです。

全く知らない人には、有益な情報だと思いました。

動画とは別に、紙媒体のワークブック(教科書)が郵送で送られてきていて、とても参考になりました。

ネットに余り慣れていない人にはほっとする瞬間です。

内容は講義動画の中の重要部分となっています。

Webテスト

講義動画とは別に、知識的なもので確認テストが有ります。

講義動画に即したテストになっていますので、動画を理解できたかの確認に使えます。

テストで解らない時には、動画に戻って繰り返し勉強できるので、とても良いと思いました。

その他の資料

その他の資料では、次の2つの紹介が有りました。

  • 主なASP紹介
  • 主なクラウドソーシング紹介

主なASPの紹介は、ASPのサイトURLが載っているだけのものですので、ライターとしての活動には必要ないのかなと感じました。

主なクラウドソーシングの紹介もサイトURLが載っているだけですが、総合型と特化型に分かれて紹介されていました。

ASPはともかく、クラウドソーシングについてもう少し詳しく載っているといいなと思いました。

質問する

このコーナーでは、質問用のフォーマットが用意されています。

添削課題のところでも少しふれましたが、課題の提出もここからになります。

質問に関しては、1通につき1問で、1日に3問までとの事です。

ここはそれぞれの添削課題についての質問を受け付けています。

他の質問はよくある質問を参考にするとよいと思います。

  • 学習以外のよくある質問

これらが用意されています。

私自身は質問は無かったので、活用はしませんでした。

学習スケジュール

期間内で各人に合ったスケジュールを組むことが出来ます。

  • 動画講義の視聴
  • 第1回添削課題
  • 第2回添削課題
  • 第3回添削課題

これらの日程を自身で決めることが出来ます。

受講期限もここに載っているので、忘れなくて良いと思います。

実際に受けた感想

今まで自分で文章を読んだり書いたりする習慣があまりなかった私。

これからブログの記事を書こうと思ったときに、何か基準になるものが欲しいなと思い「ユーキャン Webライティング講座」を受けてみました。

私にとっては3回の添削では少ないなと感じました。

せめて同じレベルの記事を3回ずつくらいあれば、もっとたくさんのアドバイスがもらえたのではと思いました。

せっかくお金を出して受けた講座でしたが、出来ればもう少し実践をしたかったというのが本音です。

内容的には、初心者がライティングを学ぶ入り口の一つにはなるのかなと思いました。

ご自分でサイトを立ち上げて、収益を上げていこうと思っておられる場合には、これだけでは出来ないと思います。

その際には、もっとおすすめが有りますのでご連絡くださいね。

受講をうけるのに必要なもの

受講はパソコン以外にも、タブレットやスマホでも受けられます。

ただし、受講後にWebライターとして仕事をしていくためには、パソコンは欠かせません。

ですので、出来れば最初からパソコンの受講をお勧めします。

また、パソコンやタブレット、スマホを使いますので、インターネット環境も必要です。

特に他に必要なものはありません。

申し込み方法

申込み方法ですが、ユーキャンの「WEBライター講座」を開いて下までスクロールすると「受講お申込み」のボタンが有りますので、そちらから申し込めます。

画面に切り替わりますので、必要事項を入力して申込を完了してください。

しばらくすると郵送で教材とガイドブックが届きます。

ガイドブックの指示で、「学びオンライン プラス」へのログインの手続きをすれば受講の開始ができます。

金額と支払い方法

講座の受講料ってとても高いイメージですよね。

また支払い方法も事前に知っておきたいものです。

購入金額

WEBライター講座の購入金額は一括がおすすめです。

  • 一括払い 19,000円
  • 分割払い 1,980円×10回 合計19,800円

一括だと800円もお得になります。

支払い方法

続いて支払い方法です。

申込の必要事項に有力画面で、支払い方法の選択が有ります。

  • ゆうちょ・コンビニ後払い
  • クレジットカード決済

クレジットカード決済は一括払いのみですのでご注意ください。

WEBライター講座 ユーキャンのまとめ

今回はユーキャンのWEBライター講座を実際に受講してみたので、その内容や感想などをご紹介しました。

少し物足りなさを感じはしたものの、今の自分の実力を知るには良い機会だったと思っています。

初心者の方で、これからWEB上でライターのお仕事をしていこうという方には入り口になるかとは思います。

学び
スポンサーリンク
asoboをフォローする
これだよね
タイトルとURLをコピーしました