PR

スタバのショットとはエスプレッソ数!カロリー・値段・種類を紹介

店舗

皆さんはスタバで販売されている多くのドリンクに、スタバ自慢のエスプレッソが使用されていることをご存知ですか。

特にコーヒーの美味しさを楽しみたいときには「エスプレッソショット」という、ドリンクにエスプレッソをプラスする飲み方もあります。

この記事では、スタバで楽しむことができるエスプレッソショットとはどんなものなのか、またエスプレッソショットの良さを実感できる方法をご紹介していきます。

スタバのショットとはエスプレッソ数

スタバでは、エスプレッソコーヒーの単位を数えるときに「エスプレッソショット」と呼び数えていきます。

それらは専用の機械を使用し絞り出していくのですが、その絞り出された1回分の量を1ショットと呼びます。

約7gのコーヒー豆から通常30mlが絞り出され、スタバでは45mlが絞り出されます。

エスプレッソショットは、機械で絞り出した濃い目のコーヒーのことで、1ショットずつ自分の好きな分だけ増やすことが可能になります。

エスプレッソショットについて

ここではエスブレットショットのカロリーや価格をお伝えします。

1ショットの量やカロリー

1ショットには7gのコーヒー豆が使用され、30ml(スタバでは45ml)の量が出来上がります。

カロリーは5カロリーになります。

価格

1ショットの価格は税込55円になります。

注文するときは、増やすという意味合いではなく、追加するという意味合いになるので、気を付けてください。

スタバショットの注文の仕方

ドリンクに追加して、もっと美味しく飲みたいという方のために、ここでは注文の仕方をご紹介していきます。

量を減らしたり、無しにするのは料金がかからない

ドリンクを優しい味わいにしたいときは、エスプレッソショットの量を減らしたり、無しにしてみましょう。

こちらの注文方法は一切料金がかからないので、安心してください。

もちろん、ドリンクの価格も変動しません。

ディカフェにしてみる

カフェインが気になる方向けに「ディカフェ」にする注文方法もあります。

スタバでは、何と99%カフェインを取り除くことが可能なのにも関わらず、口当たりや風味が変わらないところが最大の特徴です。

こちらは税込55円で注文することが可能になります。

リストレットにしてみる

コーヒー独特の苦さが苦手な方向けに「リストレット」という注文方法があります。

この方法ではエスプレッソが、普段の3/4の量で絞り出されています。

量が普段より少なめなのですが、風味は強く口当たりはマイルドな感じになります。

深みのあるコーヒーを味わいたいときには、是非試していただきたい注文方法になります。

こちらは一切料金がかかりませんので、安心して試してみてください。

スタバショットの注文をするときの伝え方

店頭でエスプレッソショットを注文するときに、どのように店員さんに伝えたら良いかご紹介します。

ズバリ、ドリンクを注文するときに「エスプレッソショットも追加してください」と伝えるだけでOKです。

また、どのくらいの量を追加するのかを考えて、ショットの数量も一緒に伝えると、店員さんも理解しやすいと思われます。

例えば次の様に頼んでみてください。
「ダークモカチップフラペチーノの、トールサイズをお願いします。それにエスプレッソショットも1ショット、追加お願いします。」

まとめ

「エスプレッソショット」は1ショット税込55円かかりますが、スタバのドリンクをより一層美味しいものにしてくれます。

ショットの数量は、何ショットまでなどの決まりは一切ありませんので、その日の気分やドリンクに合わせてショットの数量を変えてみるのも良いでしょう。

また「ディカフェ」というやり方や、「リストレット」というやり方もあるので、スタバのドリンクの楽しみ方が広がります。

是非、色々なエスプレッソショットを試してみて、自分のお気に入りのドリンクを探してみてください。

タイトルとURLをコピーしました